2010年08月29日

醤油にもいろいろありまして。

バケーション中、子どもの食事にはまあいろいろと頭を悩ませましたわ。このことは事前にわかっていたので、一応、助けになるような食材、特に現地ではまず手に入らないであろうものは持参していった。

うちの子どもは超偏食で、その時の気分によっても同じ食材を食べたり食べなかったりする。が、おにぎりや炊き込みご飯にしたら、ほぼ100%の確率で食べる。持参したのは、生タイプ鮭ふりかけ、おにぎり山、しそ紫、海苔。去年は、キッコーマン醤油の250mlボトルも持っていったけど、今回は買う時間がなかった。

最近はスペインの普通のスーパーでも醤油が売っている。スペイン人家庭でも、肉にかけて食べたりしているらしい。そんなわけで、プンタ・ウンブリアでも、大きめのスーパーに行って醤油を購入。

買えたのはこれ。

8715700061016.jpg
マルタのPAVIさんから画像をお借りしてきました。

ハインツと言えばケチャップだけど、実は醤油なんかも作っていたのですねー。

これを使って、子どもの大好物、ツナの炊き込みご飯を作ることにした。
鍋にお米を入れて良く洗い、水を適量加える。そして、人参、玉葱をみじん切りにして、半分油を切ったツナ缶を投入。だしの素もちょっと入れた。自宅で作るときには、椎茸のみじん切りとみりんもちょっと加えるのだが、今回は省略。

そこでハインツの醤油を冷蔵庫から取り出して、味見。

甘いっ!

ボトルにはSpicyとか書いてあるけど、どこがスパイシーなんだか。そして、やたら甘い。キッコーマンの醤油とは全く別物だ。醤油ってそうたいして味に違いはないのかと思ってたけど、ここまで違うとは! ハインツの醤油で絶対寿司は喰えない!!

米の入った鍋の前で3分ほど悩んだ。この醤油で果たしておいしい炊き込みご飯が炊けるんだろか。

ま、この甘味はみりんの代わりと思えばいいか・・・。そう気持ちを納得させてハインツの醤油を足した。

結果。

いつもと味は違ったものの、そんなに出来は悪くなく、子どもも炊き込みご飯を食べてくれたのでした〜。

去年、キッコーマン醤油を持参したときは使いかけを持って帰ってきたけど、今回のハインツ醤油は忘れたふりして冷蔵庫に置いてきましたわ。だって、もう絶対使わないもん!

それにしても、ハインツの醤油開発担当者は何を考えてあんな味付けしたんでしょうね。あれは、もはや醤油じゃないっすよ・・・。
posted by かろりな at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 食生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

ギサンテ・コン・ハモン

バケーション中、義母に作り方を教えてもらったギサンテ・コン・ハモン。ギサンテはグリーンピースのこと。それを生ハムの切れっ端と煮たのがギサンテ・コン・ハモン。シンプルだけど、すごく美味しいのだ。

きっと、これって冬〜春先の料理なんだろうけど、そんなの関係ない。作り方を習ったら、早速作ってみたいじゃないか!

ということで、今日の昼ご飯に作ってみたよーん。足りないものもあったけど、特に気にはならなかった。

Guisante Con Jamon

今日に限ってダンナがお昼に帰って来なかったので、これだけで済ましちゃったけど、本当ならメインに肉とか付けるべきでしょう。でも一人なら、これで充分お腹いっぱいでっす!

記録として、作り方をここに残しておきます〜。

<義母のギサンテ・コン・ハモン>

1)鍋にオリーブオイルを入れる。
2)みじん切りにしたにんにく(2かけ。本来なら玉ねぎ)を焦がさないように炒める。
3)ローレル(1/2枚)を足して、水(3カップくらい)を加え、Avecrem(ブイヨン)をひとつ砕いて入れる。
4)沸騰したら、グリーンピース(800gから1キロくらい)を入れる。
5)コロランテ(着色料?)、胡椒、ナツメグを少々加える。
6)グリーンピースが柔らかくなったら、塩適量と生ハムの千切り(切れ端部分)を加えて煮る。
7)生ハムの味が出たかな〜ってところまで煮たら食べられます。

コロランテとローレルがなかったので、今回は使わなかった。だからかもしれないけど、義母が作ったギサンテ・コン・ハモンとは違った感じに出来上がった。でも、それはそれでサッパリ気味で美味しかったわん。
コロランテって、ただの着色料なのかと思ってたんだけど、味にも影響するのかな。うーむ。

日本だとなかなか手に入りにくい、入ってもお高い食材だったりするけど、機会があったら作ってみてね。
posted by かろりな at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 食生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

4たび、プンタ・ウンブリア。バケーションに行って参りました。

さすがに4回目ともなると、もういい加減飽きた感のある、プンタ・ウンブリアのバケーション。家族サービスだと思って行ってきましたよ。

もう、珍しいこともたいしてないんで、写真の数が減った減った。使用カメラがデジイチのみなせいもあり、遊びにビーチに行く時には家に置いて行けと言われるもので、ビーチで撮った子どもの写真が一枚もないってきたもんだ。それはそれで寂しいよね。日本のジジババにも、写真を見せられなくて申し訳ない気が。次回は防水コンデジを絶対買っていくぞ。

Punta Umbria, Huelva : August 2010

ダンナに付き合っていると、昼まで寝てて午前中何もできないのは相変わらず。それじゃもったいないんで一人でちょっと早起きして灯台(?)のほうまでお散歩しがてら写真撮りに行った。上はその時の写真の一枚。残りはまだ調整中〜。

あんまり時間がたつと忘れてしまうので、そろそろ重い腰あげて記事のエントリーしまっす。
posted by かろりな at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

近頃話題のユニットは老人パワー全開!

夏真っ盛り、スペインの老人は元気です!

Chimo Bayo y DJ ViagraーQue Me Voy




しかし、DJバイアグラって何歳くらいなんだろな。
posted by かろりな at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

でた、スペインの夏、バケーションシーズン真っ只中!

手数料の関係で、うちのダンナは某オランダ系の銀行に給与振込口座を開いている。ここは少ないながらも店舗もあるのだが、ネット中心にサービスが行われている。普通に使っている分には、手数料も安いし特に問題もなかったのだが。

先日、ダンナのバンクカードの磁気部分が働かなくなって、再発行をお願いした。カスタマーサービスは「9営業日以内に発送します、通常なら一週間くらいでお手元に届きますよ」と言ったそうだ。

しかし。

まだ、バンクカードが来なーい!
今日できっかり9営業日目なんですが。
カードが来ないから、バケーションに出発するのを延ばして待ってるんですが。

バケーションシーズン真っ只中のスペイン。
この時期は、サービスが何もかも遅い。お役所も、郵便局も、やる気、ナイナイ! 仕事、滞りまくりですわ。そんなわけで、ダンナのバンクカードもどっかでみちくさ食ってる気がします。

銀行にお金はあるのに、おろせない。先週は、ダンナは同僚に自分の銀行口座から送金して、その人におろしてもらった。今週から、ダンナの会社は2週間夏休み。これで、なんかのトラブルでしばらくバンクカードが届かなかったらどうするんだろうか。

ワタシがアメリカにいた時、磁気がダメになったバンクカードを持って銀行の支店に行ったら、その場でテンポラリーカードを作ってくれたぞ。そういうことが出来ないのかしらん、スペインは。もし、そのへんにたくさん店舗がある、BBVAやサンタンデール銀行でバンクカードを即時再発行してくれるのなら、その手の大手銀行に口座を持ってたほうが安心ね。

銀行も、安かろう悪かろうなんだろか。ちょっと考えさせられましたわ。
posted by かろりな at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。