2009年07月28日

レンテハスを料理する!

スペイン家庭料理の定番、レンテハス。日本語ではレンズ豆というらしい。セマナ・サンタでダンナの実家に滞在した時に義母が作り方を教えてもらった。

ダンナがいない時に、安いし簡単だしたくさん作っておけるから自分でもやってみなさいと言われ、とりあえず教えてもらったのだった。たぶん、義母の言ってたことはほとんどわかったつもりだったのけど、一応、ダンナにもう一回確認してもらった。

家に帰って来て一回、日本から実母が遊びに来ていた時に一回作り、今日で3回目。もう何となく自分のものになってきた気がする。

義母に教えてもらった伝統的レシピにアレンジを加えた、かろりなスペシャル・レンテハス。作り方はこんな感じ。

材料: レンズ豆 300グラムくらい

    チョリソ 10センチくらいのもの一本
         (うちでは煮込み用のセットを買うので
         さらにモルシージャと厚切りベーコンが
         加わります。)  

    にんにく ひとかたまり(それぞれの皮をむく)
    たまねぎ ひとつ
    トマト  ひとつ
    ピーマン ひとつ

    塩    適量
    胡椒   少々
    パプリカ ひとつまみ
    ナツメグ ひとつまみ


作り方:

1) 前日の夜に、レンズ豆を水につけて一晩置く。

DSC_2143-July 28, 2009-Resized(S)


2) 翌日、大きな鍋に水を吹きこぼれないくらい入れて湧かす。
   (義母は料理用の布袋に野菜を入れてチョリソと一緒に煮て、あとからそのまま豆を足すけど、私は布袋を持っていないので、別にスープを作ります。)

3) 水が沸騰したら、野菜とチョリソ、塩以外の調味料を入れて2時間くらい煮る。チョリソから大量に油が出るのですくって取る。

DSC_2149-July 28, 2009-Resized(S)


4) 煮えたら、チョリソを残してスープから野菜を取り除く。

5) レンズ豆を加えてさらに1時間くらい煮る。

6) 塩で味を整えて、豆が柔らかく煮えていれば出来上がり。

7) チョリソは適当な大きさにちぎって豆と一緒に食べる。

DSC_2150-July 28, 2009-Resized(S)


※義母は全部の材料を一気に鍋に入れて1時間ちょっと煮るだけだそう。

ワタシのやり方だと時間はかかるけど、作り方は至ってシンプル。チョリソのダシが出てておいしいのです〜。ダンナ曰く、「ナイショだけど、ママのよりかろりなちゃんの作ったレンテハスのほうがおいしい・・・」だそうですよっ。ほほっ。(←勝利の笑い)

日本だとなかなか手に入りにくい材料を使うけど、もし手に入るようならぜひ、お試しくださいまし。レンズ豆、調べてみたら身体にもとってもいいらしい。特に妊婦さんにはオススメ!! (上記に付けたリンクを参照

ただ、今の季節には向かないですけど。

posted by かろりな at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 食生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124651249
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。