2010年01月25日

はまってしまいました。

最近、はまってる野菜がありまして。
それについて書こうかな〜とここずっと思ってたのだけど、どうにも写真を撮るのが面倒でここまでずるずるきてしまったわ。

なんでこうも写真を撮るのが面倒かというとですね。
正確には、「撮る」のが面倒なんじゃなくて、現像作業したあとにサイズ変更してウォーターマークを入れ、さらにそれをフリッカーにアップしてブログの写真をリンクさせるってのが面倒なんだわ。たかだか野菜ごときにここまでする気になれないんですね・・・。写真があったほうがいいのは重々承知の上なんですけどねえ。

それをやる気になるまで待ってると、平気で一ヶ月くらいたっちゃいそうなので写真なしでイキマス。

さて、その野菜とは何か。
スペイン語名で NABO(なぼ)、日本語で言うとカブですね。
日本のカブは丸っこくて、下のほうがヒゲのように長くなってる。こっちのは、大根を寸詰まりにして小ぶりにした感じ。最初に見たときには、色といい質感といい「大根か?」と思ったものの、どうにも手をだす勇気がないままに約4年の月日がたってしまったわけですね。

それが、この冬、インフルエンザや風邪がスペインでも大流行し、ご多分にもれずワタシも床に伏したのです。熱は3日くらいで下がったものの、なかなか咳がよくならなかった。そんな時、在スペイン日本人友のブログで「大根飴」なるものを知ったのですね。知ってる人は知っている、「大根にはちみつをかけたモノから出てきたエキス」、これを飲むと咳が和らぐとのことなので、ナボで代用してやってみたわけです。

どうも、ワタシのしつこすぎる咳にはあんまり効果がなかったのだけど、エキスをとった後に残った大根、これが案外イケることに気づいてしまった。さらにはちみつを足して3日くらい置いてみたら、漬物っぽくておいしいじゃないの。

風邪がすっかり治った今も、ナボを買ってきては漬物もどきを作っているワタシ。前回は塩でつけて、水分を絞ってから、しそゆかりを混ぜて漬けてみましたよ。これがまた、さっぱりしておいしい。こんなに楽しめるのならば、もっと早く試しておけばよかったよ〜。

スーパーマーケットには日本では見たこともない野菜が並んでたりするわけだけれども、食べ方を調べて料理にチャンレンジしてみるもの面白いものだよね。

さあ、勇気を出して、次は何を試してみようか?


PS ナボの写真、できるだけ早く撮ります・・・。
posted by かろりな at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 食生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139387434
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。