2008年03月27日

セマナ・サンタ、実家への旅

日曜の夜に3泊4日ダンナの実家への旅から帰ってきましたよー。
行く前はかなり憂鬱だったんだけど、行ってみればなかなか楽しい旅だったのでした。

行きのAVEはいつも子どもがお風呂に入ってから寝付くくらいの時間に乗車予定だった。うまく寝てくれればいいなと思っていたら、本当に寝付いてくれちゃって、車内で出された食事をゆっくり食べることができたのだわ。きっとダンナと交代で食べるしかないと思っていたので、本当にラッキー。

実家に到着したあとも、ちょっとおじいちゃん&おばあちゃんと遊んでからすぐにベッドへ。これも愚図らないですぐ寝てくれた。クリスマスの時より成長したし、実家に慣れてきたからなんだろうか。

翌日、午前中はダンナ、ダンナの子ども(うちの子の腹違いの兄)、それと義父とともに近所のお散歩。義父がずっとベビーカーを押して、満足そう。ワタシ達はといえば、その後ろをおしゃべりしながら歩く。通りにオレンジの木が並んでいるのだけど、ちょうど今は花が咲いていい匂い。途中、通りかかった教会へ入ってセマナ・サンタ用のパソを見たり。

DSC_0435

夜はダンナと2人で外食。前回の結婚記念日の時は、子どもが泣いて泣いて大変だったそうなので、今回もそんななんじゃないかと心配になる。久しぶりに夜2人で出かけるってことで、食事のあとにも散歩しながらコフラディア(行列の人々)を見ながら結局1時くらいに帰ったけど。家についてみれば、子どもはスヤスヤ。愚図ることなく普通に9時頃寝たそうで。それを聞いて、ワタシ達はひと安心。

Maria from Catedral

土曜日は、親戚数名とシーフード・レストランでランチ。子どもが産まれてから親戚にもお披露目してなかったので、これが初対面。このレストラン、セビーリャ市内でなく郊外にある。別に海が近いわけではないのだけど、人気のレストランらしい。出てきた海老が大きくて、ぷりぷりしてて絶品。オリーブとかトマトのサラダとか、メインの肉もおいしかった。食べてる間、子どもは愚図ることなくほとんど大人しくしてた。ここでもいい子にしててくれたので、ゆっくり楽しめた。

DSC_0712

DSC_0713

そして、日曜の午後に帰ってきたのだけど。
今回は子どもが比較的おりこうさんだったので、ストレスにならなかったんだわね。クリスマスの時も3泊4日だったけど、今回とは比べ物にならないくらい疲れたもん。

この次の子連れの旅は夏。はるばる、ウエルバまで行かなきゃいけない。その頃には子どもは1歳。今回の旅よりもおりこうさんにしててくれるかしらん?
posted by かろりな at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91309723
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。