2009年07月31日

ティント・デ・ベラノ

スペインは毎日毎日、とんでもなく暑い。

こんな時は、よーく冷えた飲み物が本当においしい。ここは、ワインもビールも安いので、日本やアメリカにいた時よりもがぶがぶ飲んでいる気がする。

スペインと言えば、ぱっと浮かぶ飲み物はサングリア。でも、夏はそれより簡単に作れてさっぱりした、Tinto De Verano (ティント・デ・ベラノ)の方が人気かもしれない。

DSC_0633-April 25, 2009<Resized> copy

作り方は至って簡単。

1)氷を大きめのグラスに入れる。
2)グラスの3分の1から半分くらいまで赤ワインを注ぐ。安いワインでOK!
3)カセラ(甘くて透明の炭酸水、スプライトで代用可能)を注ぐ。
4)その上にレモンスライスを浮かせる。

あとはおいしくいただくだけ。
これの、ファンタ・オレンジバージョン、レモンバージョンもあり。

ほかには、ビールのファンタ・レモン割りも結構いける。ビールの苦いのが苦手な人にはオススメ。

スペイン風ドリンクで暑い夏を乗り切ってくださいまし〜。

ワタシは明日から、バケーションで海の近くにしばらく滞在します。ネットのないところなので、ブログの更新はしばらくお休みします。

では、楽しい夏を過ごしてくださいね〜!
posted by かろりな at 23:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 食生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

空耳スペイン語(初級)

うちのべべちゃんはかわいい。親バカもかなり入っているのだが、日本人にも、スペイン人にも受けのいい顔をしているらしい。

散歩をしていると、よく「かわいいわねぇ〜」、「ハンサムねえ〜」と言う意味の

¡Que guapo es!
け ぐあぽ えす

と言われる。

今日べべちゃんは、いつもの散歩コースにあるベンチに座っていたお姉さんの前をうろうろ歩いていた。どうでもいい話だが、べべちゃんはお姉さんたちが大好きだ。今からこんなでは先が思いやられる。

そして、そのお姉さんからのひとこと。

¡Que mono!

けもの?
獣??

モノはスペイン語で猿。
なんて猿みたいなの?

んなわけはない。

どういうわけなのか、この ¡Que mono! は、「かわいい!!」という意味である。褒め言葉だったのねー。

しかし、なんで猿がかわいいに・・・。

posted by かろりな at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン人&文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

レンテハスを料理する!

スペイン家庭料理の定番、レンテハス。日本語ではレンズ豆というらしい。セマナ・サンタでダンナの実家に滞在した時に義母が作り方を教えてもらった。

ダンナがいない時に、安いし簡単だしたくさん作っておけるから自分でもやってみなさいと言われ、とりあえず教えてもらったのだった。たぶん、義母の言ってたことはほとんどわかったつもりだったのけど、一応、ダンナにもう一回確認してもらった。

家に帰って来て一回、日本から実母が遊びに来ていた時に一回作り、今日で3回目。もう何となく自分のものになってきた気がする。

義母に教えてもらった伝統的レシピにアレンジを加えた、かろりなスペシャル・レンテハス。作り方はこんな感じ。

材料: レンズ豆 300グラムくらい

    チョリソ 10センチくらいのもの一本
         (うちでは煮込み用のセットを買うので
         さらにモルシージャと厚切りベーコンが
         加わります。)  

    にんにく ひとかたまり(それぞれの皮をむく)
    たまねぎ ひとつ
    トマト  ひとつ
    ピーマン ひとつ

    塩    適量
    胡椒   少々
    パプリカ ひとつまみ
    ナツメグ ひとつまみ


作り方:

1) 前日の夜に、レンズ豆を水につけて一晩置く。

DSC_2143-July 28, 2009-Resized(S)


2) 翌日、大きな鍋に水を吹きこぼれないくらい入れて湧かす。
   (義母は料理用の布袋に野菜を入れてチョリソと一緒に煮て、あとからそのまま豆を足すけど、私は布袋を持っていないので、別にスープを作ります。)

3) 水が沸騰したら、野菜とチョリソ、塩以外の調味料を入れて2時間くらい煮る。チョリソから大量に油が出るのですくって取る。

DSC_2149-July 28, 2009-Resized(S)


4) 煮えたら、チョリソを残してスープから野菜を取り除く。

5) レンズ豆を加えてさらに1時間くらい煮る。

6) 塩で味を整えて、豆が柔らかく煮えていれば出来上がり。

7) チョリソは適当な大きさにちぎって豆と一緒に食べる。

DSC_2150-July 28, 2009-Resized(S)


※義母は全部の材料を一気に鍋に入れて1時間ちょっと煮るだけだそう。

ワタシのやり方だと時間はかかるけど、作り方は至ってシンプル。チョリソのダシが出てておいしいのです〜。ダンナ曰く、「ナイショだけど、ママのよりかろりなちゃんの作ったレンテハスのほうがおいしい・・・」だそうですよっ。ほほっ。(←勝利の笑い)

日本だとなかなか手に入りにくい材料を使うけど、もし手に入るようならぜひ、お試しくださいまし。レンズ豆、調べてみたら身体にもとってもいいらしい。特に妊婦さんにはオススメ!! (上記に付けたリンクを参照

ただ、今の季節には向かないですけど。

posted by かろりな at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 食生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

やるときゃやるぜぃ!

ここのところ、とんでもなく暑い日が続いている。最高気温は36−37度C、でも直射日光が当たるところでは、体感気温40度Cくらいいっていると思われる。散歩に行ってもじりじり肌が焼けているのがわかる。

なぜかここ最近、べべちゃんは朝9時くらいにならないと起きてこない。その時間から、着替えて朝ご飯食べて・・・などとしているとあっという間に時間が過ぎて、結局散歩に出かけるのが12時近くになる。長いこと太陽の下にいると、絶対、日射病になりそうな気がするのだが、べべちゃんはそんなことは気にしていない。とにかく、自分の気の向いた方向に歩いて行きたい。気に入ったところは、炎天下にも関わらず3往復も4往復もする。

昨日もそんな調子だったので、途中で強制的にベビーカーに乗せた。まだろくにしゃべれないべべちゃんは、あーあー言ってえらく怒っていたが仕方がない。なだめながらスーパーマーケットに入って行ったが、まだご機嫌がかなり斜め。無理矢理身体を後ろに曲げて振り向き、叫ぶ叫ぶ。自分で歩きたいんだろうけど、ここでそんなことをされたら、とてもじゃないけど買い物どころではなくなってしまう。しょうがないなー、早く買い物を切り上げて帰るしかない。そう思って、手早く商品をかごに入れていった。

ふっと気づくと、べべちゃんの右の靴がない。どこで落としたんだろう。スーパーの中で通ったところを再び辿ってみた。ない。もしかしたら、スーパーに来る前にもうなかったのかも? どうしても必要なものだけ選んで、会計を済ませた。

来た道を、目を皿のようにして靴を探す。ない。公園では靴を履いて歩いていたので、そこまで戻る。やっぱりない。

ということは、やっぱり、スーパーで落としていて誰かが拾ってくれているのかも。

スーパーに再び戻った。入り口に荷物預かり所がある。ここにないだろうか。頭の中にある数少ないスペイン語の単語を組み合わせて、係のお姉さんに聞いた。

「えすとい ぶすかんど うん さぱと で み にーにょ!」

お姉さんは初め、??という顔をしていたが、もう一回繰り返して言うと、「ここにはないから、スーパーの中でなくしたのなら見に行っていいよ」と言ってくれた。よし、通じたぞ、ワタシのスペイン語。

そして、再びスーパーの中に。無くした可能性の高い売り場をくまなく探したが靴は落ちていない。あとはどこを探せばいいんだろうと途方に暮れているところに、背後からおばあさんの声が。「落とし物したのなら、マネージャーのオフィスに行くと見つかるかもしれないわよ」とのこと。オフィスか! でもオフィスってどこだろ。

「さべ どんで えすた ら おふぃしな で へふぇ?」

その、上品そうな親切なおばあさんは、ゆっくり説明してくれた。言われた通りの方向へ歩くと、途中、入り口とは別のカスタマーサービスがあった。そして、そこのカウンターの上に見慣れたちっこい靴が。あったー!

カスタマーサービスのお姉さんに、「この靴、うちの子のです」と告げて、めでたく靴はべべちゃんの足に戻った。これで、見つからなかったら新しい靴を買わなきゃいけないとこだった。

あとで、ふと思ったのだが、べべちゃんが売り場であんなにもあーあー叫んだのは、「おかあさん、靴落ちたよ、拾ってよ」と言いたかったのだろうか。それに気づかず、ワタシは静かにさせることしか考えなかった。そうならば、べべちゃんにかわいそうなことをした。もっと、子どもの目線に下がって相手をしてあげなければいけないんだろうな。

それにしても。
普段、使わなくても済んでいるスペイン語を駆使しましたよ、今日は。やろうと思えばできるんじゃん!! 次回からは、英語で通そうとせず、がんばってスペイン語使ってみよう。使わなかったら、いつまでも進歩しないもんね。ちょっと自信がついて、少しだけ前向きな気分になれた気がするぞ。
posted by かろりな at 23:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常生活一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

失業率、17.92%

もともと失業率の高い、スペイン。バケーションシーズンを前にさらに失業率がアップしてしまった。

今月24日、国立統計研究所の発表によると、スペインの失業者数は第2四半期で126,700人、前期比較で3.1%の増加。合計すると413万7500人で、この11年間で最も多い失業者数となった。失業率は 17.92%。2008年の第4四半期の失業率は13.91%で、この半年間で失業率はさらに4%上昇した。

うちのダンナは仕事にありつけているけれど、いろいろあって家計は楽ではない状態。ワタシも働きたいけど、小さい子どももいるし、スペイン語もあんまりできないし、なかなか難しいものがある。スペイン人でも仕事が見つからないのに、こんなワタシではなおさら。

こんな状態なので、世間の皆様のバケーション、今年は質素なものになっているらしい。スペイン国内旅行、もしくはひたすら自宅でゆっくりという人も多いそう。

うちは、恒例のウェルバの海の家に行くことが決まっている。どっちかと言えば、ワタシはどこか別のところに行きたいのだけどね。海の近くに別荘があって、そこに行けるだけでも幸せか・・・。
posted by かろりな at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン人&文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

お誕生日イベント、その2

さて、お誕生日イベント第2弾は動物園。

去年の10月に行った時は、ご機嫌最悪で動物なんて全く目に入らない様子だった。最近、べべちゃんは犬やネコにへらへら寄って行くのできっと喜んでくれるだろうと期待して出かけたのだった。

結果。
やっぱり、あんまり興味がなかったらしい。思うに、すぐ近くにいれば興味もわくのだろうが、動物園の動物たちは檻の奥にいるから存在を感じていないんだろう。

Penguin - July 25, 2009

かたや、水族館の魚たちにはそれなりに興味を引かれたようで、時々、身を乗り出して水槽を見ていた。

Jelly Fish In Aquarium - July 25, 2009

Aquarium - July 25, 2009

それでも、やっぱり興味は長続きするわけもなく、いつもする昼寝もしないで動物を見ているわけで。途中で飽きてだんだん機嫌が悪くなってきてしまった。

そんなこんなで、べべちゃんにはあんまり楽しくなかった一日、だったかもしれない。2歳児ってこんなものなのだろうかねー。

2009年07月24日

2歳!

今週末は大忙し! というのも、我が家のべべちゃんのお誕生ウィークエンドなのだ。あんなに小さく産まれて、あれ食べないこれ食べないなんて心配してたのに、気づけば、あーら、もう2歳。誕生日の1〜2ヶ月前から急にあれこれ食べるようになり、今ではワタシの手作りミートボールが一番の好物。

今回の誕生日も家族だけで静かにお祝い。ケーキはどうしようかとダンナがあちこちのケーキ屋に聞いて回ったのだが、卵なしでできているものが見つからなかった。べべちゃんは卵アレルギーなので、普通のスポンジケーキやアイスクリームが食べられないのだ。

いろいろ考えたあげく、じゃあ、苺ムースはどうだろう思いついた。ムースなら、卵は使わない。

誕生日当日の朝、早速、スーパーマーケットに行って材料を調達。苺のシーズンが終わっちゃっているので、少々お値段が張ったが、そんなことはどうでも良い。ホイップクリームを作るための生クリームも、奮発して飾り用のミントも買っちゃう!

子どもがお昼寝してる間にムースを作って、型に入れる。固まってから、型から抜いてデコレーション。生クリームの上に苺を乗せて、所々にミントの葉。あんまりセンスないけど、許してちょ。

Strawberry Mousse - July 24, 2009

準備万端、もうじき夕飯、という時に義姉から電話。ダンナがムースのことやら誕生祝いのことをいろいろ話してた。そして、電話を切って、開口一番ワタシに一言。

「ゼラチンって、卵使ってるんだって。知ってた・・・?」

えーーーー! そ、それは知らなかった。危うく、誕生日に蕁麻疹出させるところだった。タイミングよく電話をくれた義姉に感謝。

アレルギー持ちの子どもの母としては、甘過ぎた。これから、来年の誕生日に向けて、卵なしケーキのレシピを研究します・・・。

2009年07月21日

ねこカレンダーに応募

もう、今年もカレンダー準備の時期がやってきたのねえ。

毎年恒例だったと思ったのだけど、アイシアのねこカレンダーの応募を今やっている。気づいたら、もうじきシメキリらしい。早く応募しなくちゃだわ。

と、思ったら、これ、日本在住者のみ対象なのね。多いんだよなー、こういう条件。日本に実家がある人はオーケーとか、そういうふうにはならんの?

スペインのかわいいネコの写真もたくさんあるのに。こんなのとか。

Azca - July 10, 2009

興味のあるかたは、右のバナーから応募できますよん。


ところで、今、「かわいいネコ」を変換した時に、最初にでてきたのは「河合稲子」でした。一体、どういう辞書なの、ワタシのマックちゃん?
posted by かろりな at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

それってなんですか? 空耳スペイン語

子どもにお昼ご飯をあげていた。普段、ご飯のときはテレビを消しているのだが、今日は土曜日でダンナがいたのでTVがついたままになっていた。それでも、子どもは遊ばないでちゃんと食べていたのでそのままにしていた。

ふと気づくと、TVから「ホタテ・・・、ホタテ・・・」と聞こえてくる。私はTVに背を向けていたので何事かと振り向くと、中継していたのはスラムボールという新手のスポーツ。

ホタテと何の関係が?

じーっと、見ているとそこに出て来たのは選手の「JT」。これがホタテか! Jはスペイン語で「ホタ」、Tは同じく「テ」。確かにホタテであった。

全然関係ないけど、同時にワタシはこんな人を思い出したのだった・・・。ホタテマン
posted by かろりな at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン人&文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

子どもを産むということ。

世界最高齢の67歳で双子を産んだスペイン女性が亡くなった。彼女が子どもを産んでしばらくして、癌であることが発覚し、その後は闘病生活だったのだと思う。子どもたちはまだ2歳半。この子たちの面倒は彼女の兄弟と親戚がみるという話だ。

この彼女の出産、非常に無責任だと思う。若くして病気で亡くなってしまうこともあるし、そうでなくても突然の事故でなくなってしまうこともある。彼女も自分の意志でこの世を去ったわけではないので責めるつもりはないのだが、聞けば聞くほど腹立たしい。もっと若い時に子どもを産んでおいてこのような事態になったのなら、彼女の兄弟もまだ若かっただろう。兄弟だって、若く見積っても今では既に60は過ぎているだろう。いつどうなってしまうかわからない。もし、その人が亡くなったら次は誰が面倒を見るの?

子どもは産んだらそれでお終いじゃない。その後の、育てる過程が20年は続くのだ。出産より、育児のほうが数倍大変だ。彼女もそれはわかっていたのだろうけど、楽天的過ぎた。彼女の母は101歳で亡くなった。彼女もそのくらい生きると信じていたようだ。

もう起こってしまったことはしかたがないけれど・・・。
双子ちゃんたちが健やかに成長してくれますように。

posted by かろりな at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン人&文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

悪うございましたね・・・。

うちの近所はオフィスが多い。街を歩いていても結構英語を話している人を見かけたりする。買い物に行って、キャッシャーの人と話さなきゃいけないことになってもなんとなくわかってくれたりすることが多い。全体的に、一般の人に英語が通じにくいスペインにいて、これはかなり助かる環境なのだ。だから、いまだにスペイン語習得がおろそかになってるって話もあるが。

いつものように、コルテのスーパーマーケットにお買い物に行った。買うものをかごに入れて、レジで精算するだけなので普段は挨拶くらいしかしない。おらー、あすたるえごー、で事足りてしまうのだ。

それが、この日は違った。

ワタシのお買い物アイテムの数点を、次の人のものと勘違いしたのか、途中でレジを締めちゃったキャッシャー。もう一度、続けて足そうとするが、うまくいかないらしい。なんか言っているのだけど、なんだかよくわからない。その日に限って、普段は使わないディスカウントクーポンなんかも出していたし、なんとなく状況から事態は予想できるのだが、お金のことだしあんまり適当にながせないような気がした。

キャッシャーは早口で繰り返すけど、わからない。なんとか、知ってる言葉を頭の中でつなげてみようとするのだけど、本当にわからない。

思わず、No entiendo Espanol、と言ったら、列の後ろの人達に加えて、隣の列の人達までが一斉にこっちを見た。ひえー、だ。誰か、助けてくれるのかと思いきや、みんな見てるだけ。

ちょっとした沈黙のあと、後ろにいたおじいさんが手振りを交えながら簡単な単語を選びつつ説明してくれた。おじいさん、ありがとう。

結局は、途中で一回締めて、残りは別に会計するからねということで、クーポンの件は全く問題なくディスカウントされていた。

しかし・・・。
もう在西4年めに入ったんだから、そのくらいわかれよ、ワタシ。
いつまでもダンナに頼ってばかりいちゃダメだー。って、頭ではわかっているんだけどね。気持ちと身体がついて行きませんことよー。
posted by かろりな at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常生活一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

べべちゃん、ゆかりおにぎりを食べる!

とにかく偏食、食べず嫌いのうちの子どもだったのだが、この頃、急にいろんな物を受け付けてくれるようになって来た。

この間、ワタシがお昼に食べてたシソゆかりおにぎりを奪ってかじってたのを思い出したので、今日の夕飯にそれと同じの小さいバージョンを作って出してみた。そしたら、自分でつかんでモクモクと食べたではないの。付け合わせに出したほうれん草のおひたしも完食。

やっとこういうのを普通に食べてくれるようになった。うれしい〜。

Yes! He Is Japanese!! - July 01, 2009

以前に、子どもの写真はブログに載せないと宣言しましたが、顔がはっきり写ってないものならいいかということで。

2009年06月30日

スペインの子ども・・・

子どもたちも夏休みに入って、すっかり夏のバケーションシーズンに突入した感のあるマドリードである。

夏の間、あちこちでいろいろなイベントが行われる。大きいところでは、マドリード市主催のVERANO DE LA VILLA、小さいところではご近所の夏祭りまで。

うちの近所では夏祭りと映画鑑賞会が行われるようで、その告知ポスターがつい最近貼り出された。映画鑑賞会の会場は本当にうちの近所だ。子ども向けに「カンフーパンダ」を上映する予定というので時間をチェックしたら、なんと開始が10時半。夜の10時半! まあ、スペインの夏の日没時間が10時頃だから、屋外上映する都合上しょうがないのだと思うのだけど。子ども対象の映画の上映開始時間が夜10時半って遅くないか?日本で生まれ育ったワタシなんかはそう思ってしまうのだ。

当の子どもたちは夏の間、12時過ぎても普通に遊んでるんだな。10時半上映開始だったら、終わるのは12時過ぎ。その後帰ってすぐ寝るとも考えられないし。どうしても、ワタシには理解ができない。

うちの子どもだけは日本式で育てると思っているのだが、既に毎日の就寝が10時過ぎ。このままじゃ、すっかりスペインの子どもになってしまう。なんだかなー。
posted by かろりな at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン人&文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

レバハスでお買い物

昼寝中の子どもをダンナに見てもらって、その隙にお買い物に行って来た。月末でそうそうお金を使えないので偵察がてら、もし掘り出し物があれば買おうかなくらいの気持ちだった。

なぜかいつもMANGOに行くのを忘れ、SFERAに行ってSPRINGFIELD、PROMOD、H&M、WOMENSECRETと覗いてしまうのだな。結局、セールでは自分の気に入った物が見つからず終い。セールをまだやっていないPROMODで何枚か気に入った物があったのだけど、お値段も見合わないし、それ以前に自分のこの歳であれを着てもいいものかと後ろめたさを感じてしまったのだな。ここはスペインなんだから、好きな服を着ればいいと言われるのだけど、やっぱり似合わない気がする。街で後ろ姿10代、前から見たら50代という人をたまに見かけるけど、当然ながらけっこうキッツイ。自分もそれに近いことになるんじゃないかなと思うと、なんでも好きな服を着るという気にはなれないよな。

で、結局買った物はと言えば、子どもの服。

T−シャツ 3.95ユーロ + ショートパンツ 5.00ユーロ
H&M Bargain T-shirt & Short Pants For Baby Boy - June 27, 2009

それに加え、セールでもないのに買ってしまったストーンズTーシャツ。9.95ユーロなり。
Stones T-shirt For Baby Boy by H&M - June 27, 2009

今度、子どもにこれ着せて、自分はCBGBのTーシャツを着て散歩に出かけるんだ〜。


ところで、SPRINGFIELDですごいT−シャツを発見した。前後一面に花と寿司の絵が散っていて、「SUSHI SAVED MY LIFE」と書いてある。あんなの着る人いるんだろか。もし3ユーロくらいだったらネタ用に買ってパジャマとして着てもいいかなと思ったけど、10ユーロ近かったのでやめた。ググったけど画像が出てこない。残念。

あとはほかの店のセールが始まってからまた行くわー。
posted by かろりな at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

今日の貢がれ物

今日もお買い物先で、うちのカワイイ子ども(親バカ全開)はプレゼントをもらった。醤油味キャラメル。

Soy Sauce Caramel - June 25, 2009

子どもは家に帰るまでずーっとこれを握りしめていた。結局は、本人はキャラメルを食べられないのでワタシがいただいてみましたよ。なんだか、ザラメ醤油せんべいのような味がして、それなりにおいしい。これって、きっと日本で売っているんじゃないかと思うのだけど、今、日本っていろんな味のキャラメルがあるんだろうな。次回、日本に帰るのが楽しみだなー。今のところ帰る予定ないけど。

ところで、そのお店に行ったのはキューピーマヨネーズが欲しかったから。昨日、中華食料品店に行ったら日本のマヨネーズが品切れで、こちらのお店に行ってみたのだ。

でも行ってビックリ、値段が中華の店の2倍以上。結局買わずに帰って来た。だって、500グラムのマヨネーズに9ユーロ近くも出したくないって。早速、家に帰って日本風マヨネーズの作り方をググりましたとさ。

2−3日したらまた中華食料品店に行くわ・・・。
posted by かろりな at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | テイスト・オブ・ジャパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。